マンション投資するならこれを押さえておくべき点を知ろう

探す時はここを確認

集合住宅

知るべき点を押さえる

マンションやアパートなどの経営をマンション管理会社へ任せるとなれば、どこと契約するのかを決めないといけません。この決める時は、いくつかの点を押さえておいたほうがいいといわれています。その点は、入居率、月々の費用、委託業務の範囲などといったことです。このなかでも一番大事なのは、委託業務の範囲になります。マンション管理会社によっては、一部のみ管理業務を委託できることもありますし、反対にできない場合もあるので確認しておいたほうがいいでしょう。月々にかかる費用に関しても、任せられる業務と比較して割に合っているマンション管理会社なのか調べましょう。そうしないと、損することになります。

入居率について

マンションなどの経営には、入居者がいないと何も始まりません。まだ新築で良い条件の物件なら、特に宣伝しなくても入居者は集まる可能性はあります。しかし、若干築年数が経っている、立地条件があまり良くないとなれば入居者の集まりが悪くなってしまうことがあります。こういったこともマンション管理会社は、カバーしてくれます。マンション管理会社では、入居率というパーセンテージを掲載しています。これは、どれだけの入居者が集まる確率が高いのかという数字を表しています。ですから、入居率が高ければ高いほど良いと思う人もいるかもしれません。しかし、入居率と合わせて顧客満足度に関しても確認しておきましょう。そうすれば、任せていいマンション管理会社なのか判断しやすくなります。